10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイジの夜明け 10

ナーガルはとても困っていた。
なぜならば具体的にどの辺りにあるのか見当もつかなかったからだ。

「こんな時こそっ」

と、モントにある図書館に急いだ。
過去ウォーロック試験を受けた者が記した資料が置かれているからだ。
しかもご丁寧な事に地図まで付されている。

ナーガルは地図を写すと資料を元の場所に戻し、フロックスの神殿へと急いだ。
フロックスの神殿の周りをしばらくウロウロしているとどこからともなく何かが腐ったような臭いが漂ってきた。
吐き気を押さえながら臭いの元を辿るとこんもりと積み上がって酷い腐敗臭のする物体があった。
何か立ち上る黄色い湯気が見えそうな気がしたのは気のせいではないだろう。

「こ…この中にあるのか…?!誰か…嘘だと言ってくれ!!!」

嘘だと言ってくれる人もおらず、まんざら嘘でもなさそうな状況にあきらめたナーガルは、杖を脇に挟んだ。
そして、鼻を摘みながら左手で物体の山を崩していくと一番下の方に小さなかけらがあった。
それを素早くカバンに仕舞うと大急ぎでエルス港に飛び、これでもかという程手を洗った。
そこにふらっと寝ぼけたような顔をしたファルシャが現れた。
ナーガルのファルシャに対する印象はよく寝るウィザードだが、よくよく考えると魔法を乱発するため魔力の消耗のせいではないか、と最近思う。
ファルシャはとにかくやたらに大きい魔力回復剤を飲む。
本人は

「マナの流れが大きいから平気だ」

などと言っているが、巨大なマナを体内に持っていて平気なはずがない。
さらに、シールドやらアドテンパーやらグループモータルイミュンやデストロイといった魔法のマナ消費量はかなり大きいようだ。
また、「精神ウィザード」と呼ばれるゆえんか、非常に物理的攻撃には虚弱さを見せる。
巨大なマナの流れを持ち、肉体的に虚弱気味であるからこそ、睡眠という形で補っているのかもしれない、とナーガルはよくわからない理論を構築していた。

「よっ!ファルシャ」

「あぁ…ナーガルか…。今どの辺りまで来たんだ…?そろそろきつくなってくるんじゃないのか…?」

ファルシャはくかぁと伸びをした。
その様子は階級社会を築き上げ、貴族的性格を持つダークエルフらしくない。
こんな変なのが同じダークエルフかと思うとちょっとげんなりする。
もっとも、魔力は本物である事は間違いない。
しかし本人はまだまだだと思っている。ナーガルが時々口にする「上には上がいる」は元々ファルシャの口癖だ。
もっともファルシャが誰を見てまだまだだと感じているのかはナーガルには不明だ。

「ロハの祭壇だ…」

「は?」

ファルシャの呟きにナーガルはキョトンとした顔になった。
ファルシャはククっと笑うとぽいとポータルストーンを投げ渡した。
小さなロハン文字で「松の高原」と書かれている。
「行ってこい。ロハ祭壇にあると聞いた…。最後はシルバの祭壇だ…」
そう言い残すとさっさと座り込んで目を閉じるとさながら魔法師の休息のような姿勢で寝息を立て始めた。
元々、そこまでよく喋る性格ではないし、眠くなるとさらに喋らなくなるファルシャが、ナーガルのために精一杯眠気をこらえたような雰囲気だった。

「サンキューファルシャ!」

ナーガルはポータルストーンで松の高原バインドへと飛んだ。
しばらくするとファルシャは何かに気づいたように目を開けた。
そして焦ったように秘薬を飲むと愛用のオレンジ色のキャップを被りRENAの個人回線へと繋いで何やら説明しだした。


一方ナーガルはというと、ロハの祭壇周辺をさ迷っていた。
しかしここはミスリルのカケラからトルマリンのカケラ、場所によっては黒竜のカケラが落ちる場所であり、ミスリルのカケラが落ちる地帯ならまだしも、トルマリンや黒竜くらいになるとファルシャから譲り受けたフロイオン装備のナーガルといえど無事では済まない。
地図上では一番奥の祭壇の辺りにあるらしい。
祭壇の広大な広場には入らず、奥の祭壇に向かって外回りに歩いた。
しかしどうしても中に入らないといけないらしく、肉の山のようなものは全く見当たらない。

「チッ!どうしても入らなきゃダメか…!」

周りにはエリートセントールウォリアーやエリートワーウルフ、さらにその奥にはブロンズチェストガードやアイアンチェストガード、ルーインチェストガードといったいかにも強そうなモンスターがウロウロしている。
ナーガルはしばらく逡巡したが、意を決して祭壇内に踏み込んだ。
《続く》
_____
当時の私は何を考えてこれを書いていたんだろう…?
あ、当時はファルシャ70台前半だったかな…?まだ吸収オンリーエルリヤスで頑張ってた頃だったなぁ…
このエルリヤスはいまだに露店で換金せずにおいています^^;
メルさん…資金源にしないからねっ><


《END》
スポンサーサイト

theme : R.O.H.A.N
genre : オンラインゲーム

Secret

カウンター

あなたは

プロフィール

大瀧蛮

Author:大瀧蛮
 
 
新生R.O.H.A.N.(装備ゴミの復帰勢)
住所:連合サーバー ロネリアorエルス

キャラ名:ファルシャ
レベル:104
種族:ダークエルフ
職業:精神ウィザード
ギルド:

ソプデト(バフキャラ)
レベル:77
種族:エルフ
職業:精神テンプラー→プリースト(2017.01.17~)
ギルド:InfinityEdge

清藍(気まぐれ)
レベル:87
種族:デカン
職業:ドラゴンセージ
ギルド:InfinityEdge



DragonNest(休止中)
ジェレイントサーバー 10ch

レイ・シャルナス
レベル:93
職業:グラディエーター
ギルド:下手ですが何か(ギルマス)

ファルシャ(放置)
レベル:70
職業:ハイブリッド寄り火型セレアナ
ギルド:下手ですが何か

闘技場で遊ぶキャラ(名前は伏せます)
レベル:70
職業:グラディエーター(ぇ
ギルド:下手ですが何か

月野さんの子
Lv:90
職業:ムーンロード
ギルド:下手ですが何か


こんな感じでゆる~く気ままに活動しています^^

閲覧者

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ROHANブログランキング

ROHAN・攻略ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

リンク

DoragonNest

ドラゴンネスト体験版

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新生ROHAN公式サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。