05
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【ROHAN観光記】第3回 アルメネス地域-1-

どうも!大瀧蛮です。

久しぶりの観光記更新と相成ります

当初は「みんな大好きリマ地域♪」を予定していて、その後にアルメネス入れようかと思っていざ色々調べ始めたらかなり鬱な事に気づいたんです…
それも逆転裁判5第5話のバッドエンディング以上の…

…ということで、鬱な地域は先に紹介しておいて、後に楽しい所残しておけよ!という結論に至りました。
まあ、リマも鬱ネタあるけどアルメネスほど多くないし…

ということで、今回はアルメネス地域です。

僕にとってはとても思い入れのある地域で、仕上がってみれば半端じゃなく力の入った記事だったなとちょっと反省しています^^;

前回のモーリセン地域とは少し構成を変えて、1で歴史絡みの観光、2で見て楽しいものという内容で行きたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い致しますm(u_u)mペコリ



【注意】

今回は暗い話がほとんどですので、そういった内容が苦手な方はブラウザバックして頂いて構いません。



アルメネスといえば、DKの街!
ですが、D、DKをやったことのない方にはなじみが薄いかもしれません。

ちなみに、同じバラン島の東部に位置するパルタルカは厳重警備なのですが、対するレブデカは街には警備兵が全くおらず、知っている人は簡単に街に進入することができてしまいます。
かなりまじめにディブカンタラ・ドン・エンドリアゴ様にご意見申し上げたい…



パルタルカとレブデカはD、DK以外は入ることができず、タウン帰還ポータル石にも出てこないため、ほぼ無人と言っても過言ではないです。


さて、今回は名所巡りと言うよりはどちらかというと歴史巡りの要素が強くなると思います。
そしてほとんどが公式小説ネタになってきます。
公式小説を読めwというのも酷な事ではあるけれども…

それというのも、DKの歴史は浅い割に内容が濃いというのが大半の理由です。

それでは早速いってみよーう!



【種族紹介】

まずは、毎回-1-での恒例にしたい種族のうんちくから始めましょう。
モーリセン地域-1-と同様に読み流して頂いても構いません。
支障は…まあそんなに大きくはないと思う…。

デカン族というのは他の種族達に比べて比較的新しい種族と言えます。
おそらくハーフエルフと同じくらいでしょうか…。

彼らは「偉大なるドラゴンの末裔○○」と自分のことを言うようにドラゴンの末裔です。
ブルードラゴンアルメネスから生まれた種族なので、肌が青いのが特徴です。

これはまあ誰でも知ってることか…

そもそも彼らの誕生は主神オンが消滅し、下位神達が種族達を滅ぼそうとしたところから始まります。

オンの消滅が被造物達に原因があると考えた下位神達はまずはオンが直々に作ったドラゴンを滅ぼそうとします。
シルバードラゴンが殺されたことを発端に神とドラゴンの戦争が起こりました。

次々とドラゴンが殺されていく中で最後まで生き残ったブルードラゴンアルメネスは、バラン島に逃げ込みました。
そこで最後の力を振り絞って生み出した生命体、それがデカン族でした。

アルメネスの意志を引き継ぐ彼らは神を憎み、主神の被造物という誇りを持つため、下位神に作られた他の被造物達を見下す傾向があるとかなんとか。


しかし、このときバラン島には既に他の種族がいたのです。

そう、ダン族です。

とある事情(これはバラン島東部紹介の時にします)からバラン島に先に住んでいたダン族と当然衝突することになります。

公式小説を読むと、初代国王フェルデナント・ドン・エンドリアゴ暗殺未遂事件からの悲惨な結末等もあったようで、かなり壮絶だったようです。

そのため、アルメネスとバラン島東部の境目のあたりでは戦場跡があちこちにあり、ちょっとグロテスクな光景もあったりします…。

テキスト多くてサーセン^^;

でも大事なことなのでもう一度繰り返します。

DとDKは戦争をしていました。
これだけ押さえておいて頂ければ問題はないかと…。
この一文でどんな内容が出てくるかはおおむね察せられるかと思います(;´・ω・)


なお、今回は警備兵に瞬殺されてしまう危険性がかなり高かったため、ファルシャではなく清藍撮影でお送りさせて頂きますm(u_u)m



【入り口が一つしかない街】



海上にある上に出入り口が一つだけ。

なかなか特殊な造りだと思います。

まあイグニスも溶岩の上に街があるんだけどさ^^;

これはデカン族達の防衛に対する自信なのだとどこかで聞いたことがあります。

そのせいかもちろん街の中に警備兵はいません。
これは驚異的な事実ですw



【灰の戦場(旧名白い島)】

場所:アルメネス1

ROHAN大陸に点在するカオス地域の一つです。

この島はかつては「白い島」と呼ばれていました。

海から吹く風によって森の木に塩分がつき、その塩分が結晶化して白く見えていたので「白い島」
割と安直な名前ですよね。

「灰の戦場」という呼び名に変わったのは少々込み入った事情があります。

ダン族と戦争をしていた際にフェルデナント・ドン・エンドリアゴ暗殺未遂事件があり、ダン族がこの白い島に逃げ込みました。
もちろんデカン側も黙っているはずはなく近衛兵と警備兵が追いかけてこの島に入り、ダン族を閉じこめました。

しかし、森の中では隠れる場所が多く、暗殺を得意とするダン達に返り討ちにされた。
何度挑んでも結果は変わらず、これではどうすることもできません。

そこでデカン達は考えました。
「森に火をつけてダン達をあぶり出そう」と。

そんなデカン達の思惑とは反対に森に潜んでいたダン達は最後まで出てくることなく壮絶な死を遂げた、と言われています。

それ以来、死んだダンたちの念が残ったのか、どれほど時間が経っても森は再生せず、燃え尽きたときのまま現在に至っています。


というのがここに付された物語です。



以上の理由を踏まえると、こういう気味の悪い景色なのも納得ですね。

ちなみに、この場所ではキッシュとドビアンの国王選定試験その1が行われ、幻覚を見せられた場所でもあります。
このときにキッシュが見たものは死なせてしまった恋人だったのですが、ドビアンが見たのはなんと怒ったキッシュだったそうですw



【かつては悪しきものを閉じこめていた塔】

場所:アルメネス2

オンとエドネが大陸や生命を創造したときには善悪の区別はありませんでした。

しかし、下位神達が被造物を作ったときに善悪の観念が生まれ、悪魔が世界の善を破壊しようとしました。
それを見たオンは、古代悪魔達のリーダー15匹とその子孫を塔に封印して大地に埋めました。
しかし、オンが消滅したことにより、塔の魔力が弱くなり、地面を突き破ってそびえ立った塔なのです。

 

本来はオンの力により悪魔が封印された聖なる塔だったはずが、その力を失って悪魔の呪いに満ちたため、国境を護っていたドラゴンたちは「呪いの塔」と呼ぶようになりました。

ちなみに、当然封印の力が弱まったことで悪魔達はこの塔から解放されたようです。
うぅ~ん…もしかしてイグシルトもそのうちの1匹なのか?

キッシュとドビアンが時期国王を決める試練を行ったときにアヴァドンを生け捕りにするという内容があったのですが、このアヴァドンも悪魔の一種だったようですね。

しかし高いなぁ~~~
離れないと全体が見えません^^;;

 




【発端になった場所】

場所:アルメネス3

「最初の衝突」という名の通り、ここはダン族とデカン族の戦争の始まりの場所です。

  


ダンっぽい目をかたどったシンボルのついたテントがあったり、デカンっぽい色と模様の攻城兵器のようなものがあったり、とここには随所に戦争の痕跡が残されています。

そしてさらに奥には…

 

ぇ、何これ????火刑????見せしめ??????
どっちがやったの?????
いやいやいやいやいや

と思わずには居られない光景が広がっていました。


今回はなんだか暗いストーリーが多かったな…と自分で作っていて思わされました。

次回は記事は明るいよ!
きっとたぶん十中八九


ちなみにこの記事を書くために相当公式小説とROHAN Wikiという資料をあさりまくったのは内緒です…



ほんじゃまたねっ(。・ω・。)ノシ



≪END≫
スポンサーサイト

theme : R.O.H.A.N
genre : オンラインゲーム

【ROHAN観光記】第2回 モーリセン地域-2-

ガチで逆転裁判5、2(2周目)、4をプレイしててリネームしてからブログ全然更新してなかったというか存在が頭から抜け落ちてたわー(;´・ω・)
頭の中で4の追求BGMがグルグルしております…

てなことで、どうも!大瀧蛮です。
プレイの感想はカプコンカテゴリに丸投げしとこ…

戦場やったりBIGぶん回してみたり、戦場は1日1回に回数を限定してみたり(2回だと正直精神的にきつい)、5Fに籠もってみたりとごにょごにょしたことはやってましたが、内容については追々…

ということで観光記事に行ってみよう!



前回の記念すべき第1回はモーリセン地域-前編-でしたが、途中で終わっておりましたね。
種族の歴史のうんちくは前回の記事に丸投げしておくとして2回もやるのはやる方も見る方も飽きるし、今回は

じゃーじゃん!

モーリセン地図 観光後編

赤で囲まれた部分を回りたいと思います!




【風化して崩れた石像】

場所:

まずは、本来であれば前回載せるべきであった場所ですが完全に忘れてました(ぉぃ



石像ということはヒューマンが関わってる何かなのでしょうが、残念ながら僕にはわかりません(;´・ω・)
もしかすると、ライネル川の名前の由来となっているライネルという可能性もありますが、どうなの教えて公式先生!!!!
最近の傾向を考えるともしかしたら運営でも知らない人がいるかも知れない…(超失礼

もうこれは見た人の想像に任せるしかない…




【緑苔の監視所で飼われている山羊と馬】

教えてくれた人と超絶気まずくなったというか少々色々ありまして、僕が誰に対しても疑心暗鬼になったもんですから、一方的に全てのプレイヤー様を避けておりました。
正直なところ、このネタを載せるかどうか猛烈に悩んでこの記事自体になかなか手をつけられなかった原因と言っても過言ではありません。

ですが、それからまたまた少々色々ありまして、この方のことだけは信じてみようかなと思い、載せる決心をしました。

教えてくださった元フレンド様、ネタ提供ありがとうございます。
この場を借りてお礼申し上げます。
※ただしフレンド登録は何人であれ、全力でお断りさせて頂いています。

長い前置きサーセン

場所:

監視所自体は、色合いや材質を考えると間違いなくハーフエルフのものだと思われます。
うぅ~ん…この場所は何か特別な意味があるのかなぁ…

まずは山羊から

こののんびり感がたまりませんねぇ

しかし、監視所という機能を考えるとこの山羊たちは食料なのでしょうか?(;´・ω・)

ぇ…食べるの?!?!?!?!?
いやいやいやいや、食べるところから離れようか俺…

続いては馬

もっとこう馬ものんびり柵の中で放たれてるという偏見に基づいて探してたので、なかなか見つけられませんでした…

意外と厩舎にきちんとつながれてた
そりゃそんな偏見持ってたら見つからねーよw

何かあったときにすぐに首都カイノンに走れるように、でしょうね。

そして、監視所のすぐしたのこのあたりにはちょっとした休憩所のような場所があります

ここでちょいと一休み(*´ω`*)




【緑苔バインド裏】

あまり行かないと思うので紹介したいと思います。
場所:

バインドから赤丸の場所に進むと特に何かあるわけではありませんが、神聖さを感じる建物があります。

 

ここの1匹だけMOBがいてちょっとボス然としていますが、足下に光のリングがないのでおそらく一般MOBじゃないかなと思っていますが、何を考えて開発はここに1匹だけ配置したのか…



ここからさらに奥に行くと、大きめの水たまりものがあります。

この下の張り出した場所に降りられるかなと思いましたが、無理でしたw

長い年月をかけてくぼみに水がたまってできたものなのでしょうか?
ちなみにこの場所はワールドマップには表示されていない様子。
時折こういう場所があります。




【セルカ天体観測所付近に住んでる人】

バインドからカオス地域を抜けていくとたどり着けます。
   

確か主神オンが絡んでくる感じの建物だったはずですが、ちょっと記憶が曖昧です。

ROHAN Wikiによると、天体観測所自体はハーフリングが作ったもののようです。
まあ確かにハーフリングは、手先が器用で発明が得意で中世ヨーロッパ風の世界観であるROHAN世界において、飛行機とか作っちゃう種族だもんな…
筋は通ってると思う。

ここにはココさんが住んでいます
※決してだじゃれではありません
場所:



もしかしたら、スカウトに転職した方々はご存じかも知れません(;´・ω・)

赤子の頃にセルカに捨てられ、バインドの管理人ブライダルさんに育てられたそうです。
なんでもカイノンに来ないかと声をかけられたことはあるそうですが、ここから離れることはできないと思っているご様子。

こんな所で寂しくなったりしないのでしょうか…
でもご本人が決めたことなので僕らが口出しすることでもないのかもしれません^^;




【カルバラン監視所】

だいたいの人が知ってると思いますが、あえて載せてみました!

場所:

入り口付近はこんな感じ


ここら辺にいるNPCさんに話を聞くとなんというか切なくなります。
要約すると「はよカイノンに帰りたいねん…」という内容。

というのも、この監視所がどういう目的で建てられたのか、が重要です。


当初、堅牢な石造りの建物だったので、ヒューマンの建造物なんだと思っていました。

しかしROHAN Wikiによると、この建物はハーフエルフが造った建物なのです。

前回の記事でも書きましたが、ハーフエルフはヒューマン・エルフの双方から迫害されていました。

森の中に住んで狩りをして、傭兵の仕事をしながら生活をしていた、と考えると並大抵ではなかったと思います。
また、公式小説の中では、カーエル・ダートンがカイノンにいた頃、エルフによるハーフエルフの花嫁殺害事件からの、カイノン連合代表ゾナト・ロータス襲撃事件を考えても、相当なものだったと推測されます。

なので、ヒューマンの国が隣接するこの場所ということを踏まえると、「どういった目的で建てたのか」というよりは「この場所に建てざるを得なかった」と考える方が自然だと思います。

そう、この建物はモンスターの攻撃はもちろん、ヒューマンからの攻撃も防ぐために建てられた監視所なのです。

ピル傭兵団の方々、早くカイノンに帰れる日がくるといいですね…

暗い話は終わろう。



【ライネル川上流バインドで一休み♪】



癒されますねぇ…

以下余談なのでスルー可です。

その昔五柱の神々(下位神)の祝福を受けたライネルという人がいたそうです。
しかし、神々に見捨てられたと知ったライネルはどこかに隠れたのだとか。
そのときに悲しみで流した涙がライネル川になったと言われています。

しかし、ROHANはなぜこうも悲しいエピソードが多いのか…
一貫して神々に見捨てられ、滅ぼされる世界という根本にある設定にこれほどまで忠実なのは賞賛すべき事だとは思いますがね。

そういう意味では公式小説ちゃんと完結させろーーーーーー
と思わざるを得ない所ですが^^;




【バーガンディーの醸造場】

場所:

モーリセン地域の名産品と言えば?!
と問われて答えられる人

あなたはそれなりに公式小説を読んでる人か、設定好きーさんじゃないかと思います!違いますか?!

  

周りが小麦畑に囲まれたこの醸造場、ここではビールが造られております。

しかも公式小説によると、かなりおいしいらしく、これを他国で売ってしてカイノンの財源にしようとしている話まで出てきます。

相当おいしいのか…俺も飲んでみt…おっと、私情を挟んではいけない

もしかすると、アインホルンの酒場で出されるビールにもモーリセンのビールが高級品として取り扱われているかも知れません。
教えて酒場の女将さん!



さて、全2回でモーリセン地域を1周させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

こんなつたない解説ですがお楽しみいただけたのであれば嬉しく思います^^

なお、種族の街がある地域に関してはリクエストも受け付けられたらいいなぁ…と思っていますが、現在コメントは受け付けないという状況ですので、大変申し訳なく思います。

それでは次回の観光記更新でお会いしましょう!
お相手は大瀧蛮でした。
さよなら!!


≪END≫

theme : R.O.H.A.N
genre : オンラインゲーム

【ROHAN観光記】第1回 モーリセン地域-1-

【前書き】
皆様こんにちは。大瀧蛮です。
今回は以前告知させて頂いた観光記を書きたいと思います。
すでに知っている方も、街の周りなど散歩したことのない方も楽しんで頂ければ幸いです。

なお、公式小説ネタ・公式設定なども都度都度(…というかほぼ100%の確率で)詰め込まれると思いますが、このブログの仕様とあきらめてテキトーに読み流して頂ければと思います。

また、元々SSを使うより文字ですませることの多いブログ主ですので、文字が多くなり「見づれーわw」と思われることも多分に予想されますが、そちらも仕様とあきらめてくださるとありがたいです。

それでは本編に行ってみましょう!


※一気に上げると僕が死にそうになるので、2~3回に分けて紹介したいと思いますサーセン

今回ご紹介するのは初期から実装されている種族の1つのスタート地点であり、首都カイノンを有するモーリセン地域です。

  

モーリセン地域といえば、上のSSのように緑豊かで日差しが温かく穏やかな地域、というイメージの方がほとんどだと思います!
連合2出身の方々はカイノンに関してはややこしいギルドが騒ぎ立ててたり、当時の某やばいギルドが税金10%ふっかけてきたりとかいう思い出があることでしょうw


【種族紹介】
ここは読み流して頂いてもかまいません…。特に後につながる話はないので…

初期から実装されているハーフエルフが住まう街、それがカイノンです。

旧の公式ではレンジャーの紹介で「相手を倒すのに必要なのは、たった一本の矢だけさ!」という言葉に表されるように、弓職です。

それではハーフエルフとはどういう種族なのか?というと、言葉のイメージ通り半分エルフです。

ハーフエルフというのは、神々に創造された種族ではなく、種族同士の交流によって生まれたという、他の種族達とはちょっと違った歴史を持っています。
そのため、彼らの歴史はヒューマンやエルフに比べるとかなり新しいものといえるでしょう。

少し長くなるかもしれませんが、ハーフエルフの成り立ちについて付き合って頂けると幸いです。

事の発端は、主神オンが消滅したことに始まります。
オンが消えてしまったのは被造物に力を削られたからだと考えた下位神ロハ、マレア、ゲイル、シルバ、フロックス(特にロハ)が、オンの被造物であるドラゴンを滅ぼそうと神とドラゴンの戦争を起こしました。
※ROHANでのドラゴンの扱いは国境の守護者であり、種族達が交わらないように護る役目を担っていました。

神とドラゴンの戦争でドラゴンが破れたことにより、国境の守護者がいなくなり、種族同士の交流が始まった。
そのうちに、当然の事ながらヒューマンとエルフの間にハーフエルフが生まれ始めました。

しかし、エルフでありヒューマンでありながらも、エルフでもヒューマンでもない彼らはエルフとヒューマン双方からの迫害の対象になりました。
このあたりはカイノンにおられるゾナト・ロータス様に聞いてみてください。GMブログによると、ロータス様は元々アイン=ホルンの住人だったようですよ

そこでハーフエルフ達はヒューマンからもエルフからも離れて森の中で狩りをして暮らすようになりました。

そのうちにゾナト・ロータスを中心に集まるようになり、カイノンが形成されていった。
そして生きるための仕事として傭兵をするようになり、ピル傭兵団が作られました。

そういうわけでカイノンは他の街に比べるとテントのような建物が多く、一目見てヒューマンの建造物なのかハーフエルフの建造物なのかが分かります。


…という堅い話を延々としているとブラウザバックされてしまいますねw

それでは、観光名所(?)を紹介していきたいと思います!

エリアマップどーん!
モーリセン観光その1
今回は上の地図の赤い囲みの部分を回っていきたいと思います。

理由ですと?
1記事で全て回るとかなり長い事になるんだなぁ…SSもめっちゃたくさんあって大変なことになってるし、何より書いてる本人がつらいです^^;



【キノコと温泉】

場所:モーリセン地図1

デル=ラゴスとモーリセンには温泉があります。
パルタルカはあったかどうか忘れちゃったぞぅ(;´・ω・)



西洋ファンタジー世界になぜ温泉?wという気はしますが、そこは気にしたらだめなのかもしれません…
なんせパルタルカなんて韓国と日本がごちゃ混ぜになってますからw

今はそうそうおられないかもしれませんが、ここの温泉にいるサルを拾うとペットにできる!みたいな迷信を信じて必死で拾おうとして拾えない、なんてことも昔は結構あったようです。
かくいう僕もその一人ですが^^;

疲れたときは温泉に浸かって癒されたいものですね…

あと、その温泉から少し奥に行くとキノコがたくさん生えてるところがあります。



ポップな感じのキノコが群生していますが、これは食べられるのだろうか…?
街の近くに生えてるキノコだから食べられると信じたいのだけれども…

キノコに関連するようにキノコお化けのクンバがウロウロしています。
効果音がすごくかわいらしくてモンスターじゃなかったら飼育したいです(;´・ω・)

なお、このキノコ群生地から北の崖の方に行くとカオス地域&セルカ天体観測所が見えます。



この距離だと、キャラクター視野、背景効果、背景視野をMAXにしないと天体観測所は見えないかも知れませんが^^;

カオス地域がきれいとはお世辞にも言い難いので「行ってみてください!」とは言いません(;´・ω・)



【大きな木】

場所:モーリセン地図2

その名の通りのものがあります。

 

大きすぎてどうがんばっても全貌が撮れない(;´・ω・)

木の周りには水がたまっていて根腐れしないのかどうか心配になるところではありますが、気にしたた負けかも…



凝ったことに、ひらひら葉が落ちるエフェクトがなされておりまして、水面には落ち葉がたまっています。
う~ん…凝ってるなぁ…

あと、大きな木の周辺にこんなものが…



かつて住んでいたのか、実は見張り台として今でも機能してるのかは定かではありませんが、木の上にテントのような家があります。

そういえば、ロード・オブ・ザ・リングでも木の上に住んでるエルフが居たような居なかったような…



【魂の安息所】

場所:モーリセン地図3

カオス地域にありますです、はい

NPCに話を聞いてみたところ、お墓だということですが、何のための墓なのかor誰かの墓なのかは教えてはもらえませんでした…(;´・ω・)

誰か知ってる人が居たら教えて偉い人!



全貌を見渡せる場所に行くとこんな感じです。
あと、知ってる人の方が多いと想いますが、横の坂道から登ることができます。



掃除に来る人はないのでしょうか?蜘蛛の巣が張り巡らされています。

あとは、ここの名物、バルディック・ブロウ



倉庫ギルドを作った人やギルドマスターさんにはおなじみのギルマスクエスト最後に倒す奴

僕もネタを除いたら4~5回倒したんじゃないかな(



【月明かりの水源地にある神殿跡】

場所:モーリセン地図4

結構こういうマップには載らない建物跡や建物がちょこちょこ存在しています。



作りから見てハーフエルフではなく、どちらかというとヒューマンあたりではないでしょうか?



…とまあ今回はこのくらいにしましょう!

次回はセルカ~ライネル川上流、バーガンディーのあたりと、意外なハーフエルフの特産品を紹介したいと思います!!

ほんじゃまたね(。・ω・。)ノシ



≪END≫

theme : R.O.H.A.N
genre : オンラインゲーム

新しいカテゴリ作ったよ!

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

カウンター

あなたは

プロフィール

大瀧蛮

Author:大瀧蛮
 
 
新生R.O.H.A.N.(装備ゴミの復帰勢)
住所:連合サーバー ロネリアorエルス

キャラ名:ファルシャ
レベル:104
種族:ダークエルフ
職業:精神ウィザード
ギルド:

ソプデト(バフキャラ)
レベル:77
種族:エルフ
職業:精神テンプラー→プリースト(2017.01.17~)
ギルド:InfinityEdge

清藍(気まぐれ)
レベル:87
種族:デカン
職業:ドラゴンセージ
ギルド:InfinityEdge



DragonNest(休止中)
ジェレイントサーバー 10ch

レイ・シャルナス
レベル:93
職業:グラディエーター
ギルド:下手ですが何か(ギルマス)

ファルシャ(放置)
レベル:70
職業:ハイブリッド寄り火型セレアナ
ギルド:下手ですが何か

闘技場で遊ぶキャラ(名前は伏せます)
レベル:70
職業:グラディエーター(ぇ
ギルド:下手ですが何か

月野さんの子
Lv:90
職業:ムーンロード
ギルド:下手ですが何か


こんな感じでゆる~く気ままに活動しています^^

閲覧者

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ROHANブログランキング

ROHAN・攻略ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

リンク

DoragonNest

ドラゴンネスト体験版

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新生ROHAN公式サイト